翔鷹会とは


フィンランド躰協の李港さんを囲んで

■翔鷹会の説明

翔鷹会(ショウヨウカイ)とは、多摩市躰道協会所属している唯一の道場の名前です。
多摩市総合体育館・第5スポーツホールにて土曜・日曜を中心に活動しています。
また、正規稽古以外にも、多摩市立武道館を利用して、水曜などに自主稽古を行っております。
多摩市躰道協会は東京多摩地区躰道協会に所属しており、
毎年、各大会に出場をして、上位入賞の好成績を収めています。

翔鷹会は、
都立三鷹高校躰道部の卒業生が、卒業後も躰道を続けられる場として
躰道部の第12代・13代・15代の卒業生が中心となり1988年に誕生しました。
結成当初は、『選手会』と、それを事務的・財政的支援をする『後援会』の2部構成を構想していましたが、
残念ながら後援会は実現することなく、選手会のみで構成されることになりました。

結成後、故祝嶺正献最高師範からは、
『本院直属の団体になって、躰道の正統な技術と理念を守っていって欲しい。』
とのお誘いも頂きましたが、辞退した経緯があります。

その後、2001年度までは三鷹高校躰道部の卒業生のみを受け入れて、
多摩地区躰道協会の主力として好成績を収めてきましたが、
躰道部の廃部が決定したことを機に一般公募を始めました。

現在は、結成当時の『選手会』としてではなく
『道場』として活動をしており、
初心者や選手はもちろんのこと、一線を退いた人でも参加できるようになっています。



■名前の由来

翔鷹会という名前の由来は、上記の三鷹高校のの文字を取り
その卒業生が、巣立ちをして空を“(カケ)る”ということを表した名になっています。
命名者は、初代三鷹高校躰道部顧問・近藤光男先生(八段範士)です。
一般道場生にも三鷹高校躰道部の技術と精神を受け継いでもらい
立派な鷹となって大空を飛翔して欲しいと思っています。



上に戻る