info_rogo.gif


第7回世界躰道選手権大会

第13回国際躰道親善大会


日時

2017年7月29日国際躰道親善大会

2017年7月30日世界躰道選手権大会

場所

小瀬スポーツ公園武道館(山梨県甲府市)

世界各国から集まった躰道家達による祭典は終幕しました。
新しい力、新しい結末、新しい可能性が見られた大会となりました。
翔鷹会としても、石橋(青)上階二級が実戦競技にてチャンピオンとなりました。
8月の全国大会もこの勢いのまま快進撃を続けていってもらいたいです。

これからも躰道の進化・深化・真価を目指し、皆で努力を続けていきましょう。


第13回国際躰道親善大会
主な結果


少年実戦(上階の部) 石橋(青)上階二級 優勝

制の法形 堀米五段練士 優勝
制の法形 太田四段練士 第四位
壮年実戦 松本四段練士 第三位


第7回世界躰道選手権大会
主な結果

男子個人実戦 金子(智)五段練士 準優勝
男子団体実戦 日本Aチーム(金子(智)五段練士他) 優勝
女子団体実戦 日本Aチーム(駒澤弐段他) 優勝






第46回多摩地区躰道優勝大会


日時

2017年7月22日

場所

東京ドームスポーツセンター東久留米・第1第2武道場

大盛況の後、無事に大会終了となりました。
今年は、子供たちの成長が見えた大会となりました。

入賞者
松本(伊) 運足八法・少年少女法形 優勝
岩屋(賢) 運足八法 第三位
石橋(ゆ) 少年少女法形 第三位
石橋(青)上階四級 級位法形 第三位
金井(宏)上階三級 級位法形 優勝
小牧弐段 男子個法 第三位

多摩特別賞
【世界に羽ばたく原石】
少年少女の部
岩屋(賢)


以上です。
今回入賞できた人もできなかった人も、今まで練習してきたことを出せていました。
勝てるか勝てないかは紙一重です。
今回の大会の結果をもとに、これからの稽古を頑張って、
次は今以上に良いものを出せるように練習していきましょう。